良い収益物件を見つける方法|大手の不動産会社で選ぶようにする

ウーマン

マンションの管理と経営

集合住宅

マンション管理会社を探すときは、入居者募集に力を入れている優良業者を見つけるようにしましょう。マンション管理会社には「全部委託」と「部分委託」の2種類のスタイルがあるので、自分に適した方を選ぶようにしましょう。

もっと読む

投資で大切なポイント

貯金箱

サブリースは、空室対策や家賃保証などのさまざまなメリットがある契約方法です。一方で手数料もかかりますので、ある程度考慮して契約を決めるようにしましょう。また契約書などはしっかり読んでおくことも大切です。

もっと読む

上場会社を狙えば

男性

経営の舵をきっていく

ここ数年、大手不動産会社の経営方針に変化が見られます。大手不動産会社というと、マンションやオフィスビル等の収益物件を開発して、その収益物件を売却することで大きな利益を得ているというイメージが強いです。しかし、最近は開発した収益物件をそのまま保有して賃貸経営するという形も多くみられるようになりました。売買よりも賃貸に舵を切ってきているのです。これは大手不動産会社が収益の安定性を図りつつあることを意味します。大手不動産会社ともなれば、開発した収益物件は、そのブランドイメージから賃貸も付けやすく、空室リスクも低いものが多いです。一定規模の収益物件を保有すれば、固定費を賃貸収入で賄えるようになり、赤字の心配もありません。

株式投資を考える

個人もこのような大手不動産会社の収益安定性の恩恵を受ける方法があります。それは、その大手不動産会社が上場されていれば、株式投資をしてしまうことです。賃貸経営のノウハウを持った人々が、日々、収益を最大化することを考えながら仕事をしています。そのため、個人で中古ワンルームマンション等の小さな収益物件を保有して賃貸経営するより、はるかに安心できる投資先と言えます。大手不動産会社でなくとも、上場会社の中には、収益物件を利用した賃貸経営に力を入れている会社が多くあります。中には、学生寮など特色のある収益物件を保有している不動産会社もあります。これらの多くは好業績を続けています。保有する収益物件が増えれば増えるほど、収益も増え、配当増額や株価上昇の期待を持つことができます。

マンションで資金調達

女の人

昨今では多くの企業が、資金調達のためにマンション投資をおこなっています。購入したマンションは、貸し出すこともできますし、地価が上がれば高く売却することもできます。購入後は借り手を探したり修繕の必要性を確認したりといった管理が必要となりますが、管理の代行サービスもあるので、多くの企業が利用しています。

もっと読む

Copyright © 2016 良い収益物件を見つける方法|大手の不動産会社で選ぶようにする All Rights Reserved.